Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

常夏の国

シンガポールに行ってきました。
d0224762_13561693.jpg


マーライオンの背中のチャック(嘘)
d0224762_13565657.jpg


赤道直下で高温多湿、おまけに雨季の最中とあって、
どんだけ蒸し暑いのかと恐れていたが、
今は最もしのぎやすい時期とのこと。
実際、気温は30℃を少し超えるくらいで湿度もそこそこ。
毎夏東京の酷暑に鍛えられている身としては、
「オホホホホ、チョロいわ~♪」という感じ。
雨に降られることもなく、至って快適に過ごせた。

余談だが、往復の飛行機ともトイレに窓がついていて、
明るいわ広いわ大喜びしていたら(←トイレが近い女)
噂のボーイング787型機だった(冷汗)

d0224762_13575262.jpg


現地はちょうど旧正月の直前で、
干支の馬をあしらった飾りつけがあちこちに。

d0224762_13582486.jpg


ソーイングを始めてから楽しみになったのが、
旅先で布屋さんや手芸屋さんを見ること。
今回も乏しい情報を頼りに、うろうろ歩き回った。

d0224762_13593033.jpg

布の量も種類も豊富だったのが、
チャイナタウンにあるPeople's Park Complexというショッピングセンター。

d0224762_13595766.jpg

柄物やカラフルな布が多かったが、無地のリネンも置いてあった。
その中の1軒、目立っておされでお高級そうなお店には、リバティプリントも。
150cm幅でS$50(49だったかも)なので、
今のレートだと4000円くらい。
日本製とトントンか、ややお得かな。

d0224762_1402154.jpg

同じフロアには仕立て屋さんもあるので、
買った布を持ち込んで、好きな服を作ってもらうこともできる。

d0224762_1404234.jpg

そのほか、アラブストリートにはバティックやシルク、
リトルインディアにはサリーのお店がたくさんあったが、
自分服を作るにはちょっと(いやかなり)派手。
インド人が多いならカディコットンもあるのでは?
と探してみたが、あいにく見つからなかった。
リトルインディアでは、道端にミシンを出し(JUKIかSINGER率高し)
シャツ作りやジーンズの裾上げなどを請け負う、
青空仕立て屋さんもよく見かけた。

d0224762_141492.jpg

アラブストリートの外れにはテキスタイルセンターというビルがあり、
布や副資材などを扱う店舗がいくつか入っていた。

d0224762_1411593.jpg

もしシンガポールに住むことになっても(ないけど)
現地調達でそれなりにソーイング生活を楽しめそうだ。

***********************

翌週はお仕事で旭川へ。

d0224762_1413465.jpg

当日の旭川の気温は-11℃。
先週のシンガポールの気温は30℃前後で、
出張前日の東京の気温は18℃(っておい)
この2週間でTシャツからダウンまで、いろんな服を着た(笑)

d0224762_1415542.jpg

ペンギンのお散歩♪
ギャーーーッ、か、かわええ~~~!!!(悶絶)

d0224762_1421139.jpg

キリンさんモグモグ♪

d0224762_1422360.jpg

夫婦善哉❤

いや~~~旭山動物園楽しいな!(仕事はどうした)

d0224762_1424384.jpg

旭川銘菓(ホントか)「黒い恋人」。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
冬にステンレスのお弁当箱は、確かに冷たそうですね~。
マーライオンちゃんはGだけだったよ♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ひつじ at 2014-02-06 14:54 x
ぴゃー、南へ北へ大活躍ね!
お疲れさま。こっちの乾いた冷たい風で体調くずされませんように…

青空縫製。楽しそうだ!
Commented by kuroyagie at 2014-02-06 16:41
ひつじさんこんにちは~。色とりどりの幼稚園スモックがいっぱいで、春を先取りだねー!

-10℃以下って覚えてる限りでは経験ないので、どんな寒さかな~と思ったけど、痛くてツライ寒さだった(笑)。顔の皮が破れるかと思いました(←大げさ)。しかしここ数日、東京も寒いねー! 零下じゃないけど寒いぞー!! うぉおおお、寒いんじゃぁあーッ!!!(うるさい)

青空縫製のミシンは見た目は足踏み風で、でもドドドーッと縫っていたから、電力なのかな? どれもかな~り年季が入ってたよ。
Commented by Kana at 2014-02-06 20:55 x
すんごい移動距離と気温差ですなあ。観光しまくり(半分違)。マーの国にそんなにソーインググッズが充実してるなんて!おリバ様も売ってるんだねえ。
旭川には「黒い恋人」があるんだー。大阪には「面白い恋人」があるよ。(←本家に訴えられたらしいけど)
Commented by kuroyagie at 2014-02-06 23:21
どM疑惑濃厚なKanaさん、こんにちは~♪

> 観光しまくり
半分当たり(笑)。天気予報が外れ現地のお天気がよかったので、旭山動物園にも行ってきました。念のためSPF 50の日焼け止めを塗っておいて正解だったわ♪(えらい用意周到だな)

裁縫道具はクロバー製品も多かったけど、ミシン糸などの糸類は現地製品(なのかな?)がほとんどでした。リバティ売ってるお店には、凝った刺繍入りのイタリア製リネンとかもあって、かなり品揃えがよかったです(ついでにお値段も)。

面白い恋人が訴えられた話、聞いたことあります。黒い恋人は問題ないのかなあ? 道内のよしみで許されてるのかしらん。
Commented by ふくろうボタン at 2014-02-12 09:25 x
お久しぶりでがんす。
いやはや、ワールドワイドなご活躍の黒やぎさんです。びつくり。
シンガポールの手芸店探索、わくわく拝見いたしましたーー。
Commented by maitin at 2014-02-12 15:45 x
マーライオンの背中のチャックからは、一体何が飛び出すのでしょうか?
それに、紫の馬がひいてるのは、白菜だよね?なぜに白菜?
摩訶不思議だわ、シンガポール・・・・(憧)

シンガポールの後は北海道に旅立っていたなんて、Pちゃんお疲れ様~。あ、そうそう、シンガポールではピィーにならなかったのかしら?
大丈夫だった~?
旭川の美味しそうなラーメンの写真はあるのに、シンガポールの料理の写真がないのは、なぜ?(・_・)

旭川動物園、いいなー♪
ペンギンかわいいね♥
Commented by kuroyagie at 2014-02-12 19:40
ふくろうボタンさんこんにちは、私はこっそり電柱の陰からブレーメンの音楽隊が完成していく様を覗いてました(怪)。ふくろうボタンさんもトリ好きなんですね、お仲間お仲間♪

チャイナタウンの布屋街では刺繍糸だけ売ってるお店があったし、欧米人御用達のショッピングセンターにはキルトのお店がありましたよー。編み物(レース編とかかな???)関連の商品も結構見かけました。とある布屋さんでは、店員さんがお客さんに「ちょうど今日、日本から新しい布が入荷したんですよ」みたいな話をしてました。海外の手芸店探索、めっちゃ楽しいです♪
Commented by kuroyagie at 2014-02-12 19:42
まいちん、こんにちは~。

マーライオンの中にはちっこいおぢさんが入ってて、昼間はGする水の量をこまめに調整し、深夜になると水道栓を閉めて、背中のチャックから出てくるらしいです(大嘘)。中国系の正月の飾りは、金と赤さえ入ってればOK、ド派手ならなお良し、という感じでした。しかしなんで白菜なんだろうね。おまけに「財」て(笑)。

現地ではいろいろ食べまくったけど、Pにはならなかったよ、ホホホ♪ でも泊めてもらった友人宅のトイレが壊れてて、毎回バケツに水汲んで流してたけど、トホホ。食べ物の記録はまとめて載せるので、待て次号!

> 旭川動物園
まいちんとは何かと共通点の多いmasakoさんもまつがえてたけど、旭「川」動物園じゃなくて旭「山」動物園だから! 旭川の旭山というお山にある動物園なの。そこんとこよろちくわぶ。ペンギンは犯罪級の可愛さだったよ。機会があったら是非!
Commented by KAORI at 2014-04-18 23:52 x
ご無沙汰してます。
久々にお邪魔します。
友達が、部屋からマーライオンが見えるマンションに住んでるらしいです。ご主人の転勤でシンガポールに行ったので、向こうにいる間に遊びに行きたいと考えているんですけどーー(;^_^A
Commented by kuroyagie at 2014-04-20 00:04
ををを、KAORIさんお久しぶりです~~~♪

部屋からマーライオンが見えるマンション!? あのエリアにお住まいということは、とっても高級なマンションに違いない・・・・・・それは今すぐ行かねば!(笑) マーライオンパーク周辺は、そぞろ歩きするだけでも楽しいですよー。食事もバラエティに富んでいて飽きないし、是非是非遊びに行ってくださいな♪
by kuroyagie | 2014-02-06 14:08 | | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie