Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

らっきょう倶楽部活動報告2013

今年もファイト一発、らっきょうを漬けました。

d0224762_12212992.jpg

らっきょうを初めて漬けたのは、確か20代の頃。
以来、その年の気分によって漬けたり漬けなかったりしてきたが、
漬けるとなったらまずは「うりゃー!」と気合を入れ、
「らっきょう購入→洗う→剥く→漬ける」までを1日でこなしていた。
しかし今年は「う」と「りゃー」を分け(意味不明)
らっきょうをざっと洗い、塩水に漬ける「粗漬け」と、
後日薄皮を剥き、漬け汁に投入する「本漬け」の、
2回の工程で漬けてみることに。

d0224762_12373027.jpg

これまで見た粗漬けのレシピでは、
いったん水に漬け塩抜きしてから本漬けする、となっていて、
「んな面倒なことやってられっかー!」と思っていたが、
今回のレシピは1週間以内なら塩抜き不要とのこと。
粗漬けだけなら平日の仕事帰りでもできるし、
あとは漬け汁を用意しておいて、
合間合間にちょこちょこ剥いては投入すればいいので、
気分的にかなり楽だった。

今回は漬け汁も初の試み、おされ系である(笑)
米酢と赤とうがらしはいつも通りだが、
これに白ワインとはちみつ、レモン、それに黒粒こしょうが加わる。
ちなみに、白ワインはボルドー産(@近所のスーパー)
いうなれば、おフランス風「ラ・キョゥ~のピクルス」って感じ?(全然違)
基本甘酢なので、そんなに大きく変わった味にはならないと思うが、
ワインや黒こしょうが入ることで一体どんな仕上がりになるのか、
今から楽しみである。

なお、レシピは粗漬け・本漬けとも鈴タツスイミーさんに教えていただいた
(みんなのきょうの料理 河合真理さん)
去年の梅とのコラボといい、
折々に耳より情報を寄せてくださる鈴タツスイミーさん。
いつもありがとうございます!

**********************

2年前に仕込んだみりんの梅酒が、そろそろ飲み頃に。

d0224762_12235347.jpg

・・・・・・うーん、ちょっと梅の酸味が勝ってるかなあ?
完熟梅で仕込むとか、梅の量を減らすとかしたら、また仕上がりが違ったかも。
いずれにしても、ストレートでちびちび飲むのが向いている。
できればバスローブをはおりブランデーグラスを傾けたいところだが、
どちらも持っていないので、アッパッパーを着ておちょこで嗜んでる次第。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
これからは「折伏せ縫いの鬼」と呼んでください、キリッ(←嘘)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ひつじ at 2013-06-18 15:20 x
ふふふ。みりんの梅酒、石原裕次郎スタイルでなく
糸子のおとうちゃん(朝ドラマのカーネション見てた?)
のスタイルなのね~。
私は今年、うめぼしもらっきょもお休み。
充電して出直しだわ。
Commented by maitin at 2013-06-18 15:24 x
あ、らっきょうが漬かってる~!

この間産地直送っぽいお店行ったら、らっきょうが茎と葉っぱ(?)つきの束になって売られていて、真っ先に黒やぎさんを思い出しました~(笑)
茎から切って売ると、だんだん実が(らっきょうが)やせていくそうで、そのままの葉付の状態で置いてありました。(地元産)
らっきょうの実をむくなんて根気が入りそうだなぁ~と眺めてきたよ。
思わずケータイで写真撮りたいところでしたが、車にケータイ忘れてきて撮れませんでした。
今回のおされらっきょう、出来上がりが楽しみですね♪
食べたら感想きかせてくださ~い。
Commented by kuroyagie at 2013-06-18 18:50
ひつじさん、こんにちは~

そうなんだ、糸子のおとうちゃんと同じスタイルなんだ~。アテクシは「仁王立ちで片手は腰に」が定番よん(栄養ドリンクかよ)。

保存食作りってほとんどが6月前後に集中してるから、気ぜわしいよねえ。スーパーで旬の食材見かけるたびに、そこはかとなくプレッシャー(笑)。でも私の場合、旬が限られているからこそやろうという気になるのかも。といいつつ、今年はらっきょうオンリーです。
Commented by kuroyagie at 2013-06-18 18:51
神様仏様まいちん様~♪

毎年らっきょうらっきょうと騒いでる割には全貌がよくわかってないんだけど、そういえば沖縄の島らっきょうとか茎つきで売ってるね。でも葉っぱは見たことないなあ。それに、新潟県産のらっきょうがあるんだ~~~んで、茎を切ると実がやせる、と。らっきょうって1日経つだけで芽が伸びてくるくらい成長が旺盛だから、茎を切るとそこから芽が出て養分を吸い取られちゃうのかも。黒山羊革のらっきょう手帳にメモしとかなきゃ!(キコキコ)

らっきょう剥くのはほんと面倒くさいよー。ずっと下向いて作業してるから、肩がバリバリに凝って吐き気がしてくるもん。だから最初に「うりゃー!」の儀式が必要なの(笑)。あ、でもね、粗漬けしたら外皮がブヨブヨ~となって、今年はいつもより剥きやすかったよ、ワーイ!(大喜び)
Commented by 鈴タツスイミー at 2013-06-20 20:13 x
黒やぎさん、こんにちは。しばらくブログから遠ざかり、ご無沙汰しておりました(汗)。その間にも、黒やぎさんはコツコツと素敵なソーイング作品を幾多完成され、らっきょう活動もされていらっしゃる!
今年は、河合さんのらっきょうを試されたのですね♪ぜひ、出来上がりの感想をお聞かせ願います。サッパリしていて食べやすいように思います~^^

6月って本当に気ぜわしいですよね。赤紫蘇の登場をみて、内心とっても焦っているワタシです(今年は梅ジュースしか漬けていない・・・)
Commented by kuroyagie at 2013-06-20 21:40
わ~~~っ、鈴タツスイミーさーーーん! きっとお忙しくしてらっしゃるんだろうなあと思ってましたが、来てくださってありがとうございます!! ワーイ、祭りだ祭りだー!!!(歌えや踊れ~~~♪)

今年のらっきょうは構想1年・制作1週間ですから~(笑)。去年レシピを教えていただいて以来、「来年はおフランス風(違)にするざんす!」と心に決めていたのです。粗漬けしてあるから、出来上がりも早そうですよね。個人的には、黒こしょうがどんな風にきいているのかが楽しみです♪

青とうがらしとか山椒(葉)とか、時期がずれていたら試してみたい食材はいろいろあるんですけどね・・・・・・赤紫蘇は梅干用ですか? 紫蘇ジュース? 以前、梅干用に買ったことがありますが、1枚1枚丁寧に洗って丁寧に水気をふいて、という作業がもう面倒で面倒で、星一徹状態(心のちゃぶ台返し)になってました。メンドクサガリーノにはハードルの高い食材です(笑)。
Commented by masako@への4番 at 2013-06-21 10:02 x
会長ぉぉぉ・・・。
おフランス風「ラ・キョゥ~のピクルス」から、ハンパ無い「圧」を感じるんですけど(with会長の高笑い)。
私、まだ「ら」ってないんですぅ。早くしないと・・・焦&汗・・・。
スーパーで「ら」と目が合うたびに、気まずくてドギマギして視線を外す今日この頃(もしかして恋かも)。
でも、なかなか「ら」に手を出せない私に足りないものがわかりました。
それはファイト一発だったのだわ。会長、教えてくれてありがとう~!
リポD買うべし、と(お買い物メモ)。

私も赤紫蘇の登場に大焦りちう(鈴タツスイミーさんとオソロオソロ♪)。
今年は完熟梅を漬けたのですが、完熟梅の登場を待っている間に、
ええ感じの赤紫蘇がバンバン登場してきて・・・NO~!
うちの梅が漬かるまで待ってて~!私を置いて、いなくならないで~!
心乱れる6月であります。
Commented by kuroyagie at 2013-06-21 12:28
への4番さん、ボンジュ~ル♪ そんな~高笑いだなんていやぁね、オーホッホッホッホ!(笑っとるがな) 今年はおフランスはボルドーから、白ワインを取り寄せましたの(近所のスーパーが)。栓を開けたとたん、懐かしいボルドーのかほりがしましたわ~♪(行ったことないけど) 
・・・・・・え、まだ「ら」ってない? ちっちっちっ、恋は先手必勝、押し倒した者勝ちよ!(意味不明) ささっ、リポD飲んで今すぐらっきょうを買うべし買うべし!!

> 赤紫蘇問題
そうそう、梅が色づく前に赤紫蘇が出回るってことあるよね。一番いいのは「梅が漬かってから赤紫蘇買う」だけど、次善の策として「塩もみ&アク抜きしたのを梅酢に漬けて冷蔵保存しておく」もアリみたいだよー。市販の赤紫蘇はそうやって処理してあるそうな。でも予定よりしょっぱくなりそうだから、願わくば赤紫蘇さんがmasakoさんのこと待っててくれますように!(なむなむ)
Commented by yukarix at 2013-06-24 03:57 x
黒やぎさん、とってもおもしろいレポをありがとうございますー。
「ラ・キョゥ~のピクルス」・・は実際に言葉に出してみて、フランス語っぽいかも確認しました。おかげで・・キョウ~・・のところでお口がひょっとこさんに・・・。
ところで、ホントにうまそう!ですね。こういうので蒸し暑い夏を乗り切るんですね。毎年漬けているとどんどんおいしくなるでしょうし・・いつか、おばあさんになった時にはお茶にお呼ばれしたいな、なんて思います。

折り伏せ縫いの鬼!なんですよねー。その辺はやっぱり、きちんと根性がないときれいに出来ないところで・・。私もこの頃試していますが、この前、無謀にも挑戦した、例のシャツの袖付けでやや気落ちし、またしばらく放置中になりそうです。さっちゃんへさりげなく(笑)報告でした。
Commented by kuroyagie at 2013-06-24 12:18
yukarixさん、こんにちは~

> ラ・キョゥ~
ウィウィ、「ラ」は巻き舌で、「キョゥ~」はひょっとこのお口でお願いね、シルブプレ~♪(笑)
らっきょうや梅など保存食用の食材が夏直前の梅雨時に一斉に出回るのって、理にかなってるのかもしれませんね。祖母がらっきょう名人だったので、そこに近づくべくせっせと漬けてますが、なかなか~~~おばあさんになる頃にはさすがに上手になってるかなぁ。 そしたらyukarixさん、食べに来てね! 髪型縦ロールの桃やぎ婆さんがお出迎えします❤(恐・・・)

なぬっ、さぶちゃんはもう袖付けまでいったの!? さちこは昨日からようやく縫い始めたよ~まだ前立てとダーツのみ。さちこも折伏せ縫いする予定だけど、きれいに縫えるかはやってみないとわかんない(毎回出たとこ勝負~♪)。夏服の合間にちょこちょこ縫って、完成は9月かな(遅っ)。
by kuroyagie | 2013-06-18 12:31 | 食べもの | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie