Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

続・嗚呼昭和

d0224762_16113546.jpg

昨年実家の昭和ローム層を発掘したのだが、
その時探しても見つからなかったブツが、ひょっこり出土した。

d0224762_16132772.jpg

たしか中学生の時に作ったランチョンマット。
刺繍部分は左から
「くまのパディントン」「だるまちゃんとかみなりちゃん」「ちいさいモモちゃん」
のイラストを写したもの。
記憶の中では精巧な刺繍を施したつもりでいたが(笑)
こうして実物を見たら、中学生なりの出来ばえだった。

d0224762_16142916.jpg

だるまちゃんはボディを刺繍で埋めてあるのに、
パディントンは輪郭だけ、というところが、
おのれの力量(とやる気)の限界を感じさせる。
とはいえ、今の自分にはないマメさは意外でもあった。
・・・・・・嗚呼、一体どこで人格が入れ替わ(以下略)

ランチョンマットは完成後使うことなくしまわれたきりで、
イラストを写した際のチャコがそのまま残り(そもそもどうやって写したんだか?)
布のあちこちにシミや汚れが浮き出ていたので、一度洗って漂白した。
表地は四角い布を4枚はぎ合わせてあり、
大きな四角い布1枚に刺繍すればいいものを、
なんでわざわざ4枚にしたのか意味不明。

d0224762_1615195.jpg

裏地はケイト・グリーナウェイのイラスト入り。
自分で選んだはずだが、いつどこで買ったのかまったく記憶がない。

マットは表地と裏地の間にキルト芯をはさんでステッチがかけてある。
返し縫いしてあるところを見ると、ミシンをかけたのは母親だっけ?

というわけで、自分で刺繍をしたことだけは覚えているが、
それ以外はほとんど記憶がない一品であった(大丈夫か自分)

******************

<春の衝動買い>

d0224762_16153546.jpg

ブリキにペイントしたと思われる、昭和の古いちりとり。
キレイなブルーとコンパクトなサイズが気に入って購入。
以前買ったハンドメイドのミニほうきと一緒に職場に置いて、
机まわりの掃除に使っている。
ちなみに、ほうきは何かの草(何だっけ?)を束ねたもので、
見た目は気に入っているのだが、掃くたびに細かい枝が散って、
掃除してるんだか新たなゴミを生んでるんだか、よくわからないのだった(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
確かに手仕事率高し、かもです。「やっつけ手仕事」ですが(泣笑)。
例えて言うなら「軽装で山に入った無謀な登山者」。お陰様で無事下山できました~。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by idyll_idyll at 2013-04-03 19:29
中学生の時にした刺繍と言えば、お花とか、花かごとか、果物とか、
そんなのしか思いだせないけど・・・。
黒やぎさんのモチーフは、大胆で、ちょっとびっくり。
ケート・グリーナウェイは好きでした。

実家には、私より強力な「捨て魔」がいるので、地層なんてないの。
つまんないな~。発掘とか、興味あるんだけど。
Commented by kuroyagie at 2013-04-03 22:01
idyllさん、こんにちは~

当時しばらく刺繍がブームだった時期があって、お花とかもいろいろ刺繍したはずなんだけど、どんな刺繍でそれをどうしたんだか、まーーーったく記憶がないのでした(自分ヤバすぎ!?)。これはその短いブーム期の集大成でございます(笑)。

この頃って、ケイト・グリーナウェイも一時的にブームだったような。紙製の小物入れとか持ってました。あと、森永からイラストがパッケージに使われたお菓子も出てましたよね。この布もその流れで販売されたものだと思われます。

われわれ世代の親で「捨て魔」って稀有な存在では? 去年の発掘で大量のブツを断捨離したのですが、長くとっておけばおくほどますます処分しづらくなるという無限ループで、精神的にものすごく疲れました・・・・・・モノの捨て時って大切だなぁ、としみじみ。そもそも地層がない、というのは身軽というか自由というか、それはそれで素敵だな~と思います♪
Commented by maitin at 2013-04-04 22:32 x
しぶい!!黒やぎさんの刺繍なんか、味わいがありますね。
中学生が刺したって感じ、しない~!(笑)
だるまちゃんが好きです、私。絵本も好きだし♪
赤いだるまちゃん、可愛いですね。
黒やぎさんて、実は本気出すとすっごく刺繍上手なんじゃないですか?
また始めたらいいのに~!

ちりとりとほうきもかわゆいですね♥
ほうき草のほうきなのかな?
Commented by yukarix1007 at 2013-04-05 03:11
黒やぎさっちゃん、こんにちは!(また・・笑) 
いいな、いいなー昭和の香り!だるまさんも、モモちゃんもどこかで絶対に見てますね。確かに中学生にしては渋い刺繍ですね!パディントンなんて、動いていてとっても難しそうなのに、刺繍にしているだけでもすごいと思う。どれも、味わいがあってとってもかわいいですー。
私は小学校はフェルトマスコット、中学では布袋つくりなんかしていた記憶がありますが、その頃に作ったものが発掘されるなんて、感動的ですね。

↑ほうき草ってあるの?すすきの一種なのかな?形が似ていますね。ちりとりも昭和なんですね。やっぱり、自然にこういうものに惹かれちゃうな・笑。
Commented by maitin at 2013-04-05 08:10 x
おはようございますー。

ごめんごめん、ほうき草っていうのは別名で、コキアっていうのが本来の名前です。
秋になると赤く紅葉して可愛いんですよ。
一年草なので、枯れてしまうと黒やぎさんが買ったほうきの様になるんです。
うちの庭にも数年前に植えてありました~。
Commented by kuroyagie at 2013-04-05 12:42
まいちん、こんにちは~(袋物もう作った???)

> しぶい!!
えっ、そ、そう!? 言われるまで渋いという自覚がなかったけど・・・そうかそうなのか、中学生だったらもっとカワユイ図案を刺すものなのか・・・なるほどね・・・うんうん(←勝手に自己完結)
「だるまちゃんとかみなりちゃん」はカラーの絵本だったから、刺繍糸の色もそれに合わせたのかなぁ?(←覚えてない) いちいち糸を替えてあって、メンドクサガリーノな自分が刺したとは思えない。今じゃもうやる気力ないよー(笑)。

へぇえ、コキアっていう草があるんだねぇ。メモメモっと。ネットで見たら、細かい枝が分岐してる感じが手元のほうきと似てるかも。んで、その細かい枝がね、掃く度に散るの(笑)。そういえば、コキアの実ってとんぶりなんだね! 枝は紅葉して目を楽しませてくれた後ほうきになるし、実は食べ物になるし、コキアって偉いね!
Commented by kuroyagie at 2013-04-05 12:44
あらぁサブちゃん、じゃない、yukarixさん、いらっしゃ~い♪(いそいそ)

そうか、やっぱり渋い刺繍なのか・・・ブツブツ(←まだ言ってる) パディントンのは、自転車のカゴ部分だけやたらとリキ入ってるのが、今見ると笑えます。ほんと何考えてたのかなぁ。
フェルトマスコット! そうそう思い出した、私も刺繍の前はフェルトの小物とかアップリケとか、何だかんだ作ってました~。嗚呼、何もかも皆懐かしい・・・(by沖田艦長)

大正・明治までいくと骨董っぽいけど、昭和だとまだ「古い道具」ぐらいの感覚で、気軽に生活に取り入れられますよね。自分の記憶と重なる部分もあるし。この先、じわじわと昭和のブツが増えていきそうな予感(笑)。
Commented by masako at 2013-04-05 20:53 x
おはようございます!
業界の挨拶は、常におはようございますだったわよね!
さすが黒やぎ御殿、大御所がいらっしゃるから緊張する~。

ランチョンマット、自分のものではないのに、見た瞬間に懐かしさがこみ上げてきました。
なに、この空気感・・・、これが昭和・・・、昭和なのねん。
黒やぎ子ちゃん、刺繍(渋)がとってもお上手!
でも黒やぎ子ちゃん、子どもの泣き顔見ながらお食事するつもりだったの?黒やぎこちゃんて、不思議子ちゃん・・・。
Commented by kuroyagie at 2013-04-06 12:41
わいか~なさんおくmasakoちゃん、オハヨー! もうシーメー食べた?

> 黒やぎ子ちゃん、刺繍(渋)がとってもお上手!
やーん、それほどでも~~~♪(くねくね) でもね、(渋)は余計だから!(笑) 発掘直後はシミや汚れがいっぱい浮き出ていて、まさに昭和の空気感ムンムン。むせかえったわ~(ゲホゲホ)。

あ、やっぱりモモちゃんのことねん。パディントンとだるまちゃんは記憶してたけど、今回届くまでモモちゃんのことはきれいさっぱり忘れてたの。んで、改めて見たら大泣きしてる絵柄で、たしかに「なぜこれを!?」って感じかも。ランチョンマット敷いてお食事するような家じゃなかったけど、子どもの泣き顔見ながら食事したら食欲落ちるよねぇ、アハハ。ま、ダイエットにはよさそうですが。
うろ覚えだけど、モモちゃんがママに叱られたか理不尽な扱いされたかで、哀しくて家出しちゃう、みたいな話のイラストだったような??? ったく、思春期の女子中学生の考えることは、よくわからんちんなりよ(←他人事)。
by kuroyagie | 2013-04-03 16:23 | いろいろ | Comments(9)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie