Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

別布使いのワンピース

私のソーイングにおけるモットーは
「ファスナーとボタンホールのある服は作らない(正確には「作れない」)」。
といいつつ、ファスナーは既にクリアしたが、ボタンホールの壁は高いまま。
必然的にかぶりタイプの服ばかり作ってきた。

そんな中、C&S「11月新しい布」で注文したピンクの布が届いた。
これがピンクというより、むしろ肌色に近かった。
自称「ピンクの似合う女」だけど、肌色はまったく似合わない。
しかし、ここでしまい込めば永遠の在庫布と化すこと必至である。
とっとと使ってしまうに限るので、はじめは簡単パターンで部屋着でも、と思ったが、
「どうせなら、普段やらないことをやったろうじゃん!」と殊勝にも考え、
ボタンホールのあるパターンに挑戦することにした。

d0224762_19264973.jpgd0224762_1927124.jpg
















布: C&S ダブルクロスミニヘリンボーン グレイッシュピンク
   C&S リバティ(名称不明。ランタ茄子さーーーん!←他力本願 Rubyでした)
パターン: コーディネート自在のワンピース+α 別布使いのウールワンピース

で、結論から先に言うと、見事玉砕。
初めてトライした短冊衿は、何がいけなかったのか左右が開きすぎて、
力技で無理矢理重ねてある(なので裏がエライことに)
苦手のギャザー寄せは、後ろ身頃は何とか様になったが、
前身頃はギャザーというより「・・・・・・シワ?」という感じ。
袖のギャザーは気まぐれで、寄ったり寄らなかったり。
つか自分で選んでおいて何だけど、
このパターン、ボタンホールがどうこういう以前に、
短冊衿、ギャザー、パイピング、くるみボタンと、面倒な仕様ばっかりじゃん!
どさくさに紛れて、シームポケットまでつけちゃったよ!(←自業自得)
d0224762_19275355.jpg


まあでも、クライマックスはやっぱりボタンホールだろうか。
接着芯を貼ったリバティの二枚重ねなので、縫いにくくはなかったが、
ボタンホールの中心線を短冊の左右センターに合わせることができず、
何度もほどいてやり直した。
お陰で、ボタンホールをほどくのがみるみる上達したことはいうまでもない(しくしく)
結局、確実なポイントが掴めぬまま、「何となくセンター」程度にごまかして終わり。
あーあ、やっぱりボタンホールは難しい!
d0224762_19281332.jpg


用尺は本では130cm幅×2.8mとあったが、
110cm幅×2.5mでも何とかぎりぎり取れた(←Sサイズ)
ぎりぎりすぎて、ハギレ程度の布しか残らなかったぐらい。
届いたときは「2.5mも買っちゃったよ・・・・・・」と途方に暮れたが、
下手に余らずきれいに使い切ることができて、結果オーライだった。

それにワンコインの布だったので、2.5mでも1250円というお安さ
(ちなみに、リバティは50cm×50cmのカットクロスだったので約700円。
 ・・・・・・パーツの方が豪勢じゃん!)

これがもし、とっておきのお高い布で作っていたら、
物理的・精神的ダメージは相当大きかったものと思われる。
おまけに完成して着てみたら、割烹着のような寝巻のような。
要するに、私には全然似合わなかった(無念)
練習のつもりでこの布とパターンを選んだのは、いろんな意味で正解だったようだ。

それにしても、こういう服を作るとおのれの技量のなさがモロに出るなぁ(しみじみ)
・・・・・・って、感心してる場合か!
残念ながら、ボタンホールに対する苦手意識は拭えずに終わったが、
大切なのは結果じゃない。
困難に挑戦する、その心が尊いのである。
と、ブログには書いておこう。トホホ。

あ、C&Sの布は色が似合わないというだけで、フッカフカの柔らかくて暖かい布でした~~~

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
渡辺力さん、初めて聞きました。リキ腕時計、かっこいいですね!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by kaori0731 at 2012-01-24 20:43 x
山崎ミシンのボタンホールはアナログチックですからねぇ~。
たぶん、センターを合わせるコツは、本格的に縫い始める前に、はずみ車を回して針の落ちる位置を確認することでしょうか。
その時によって、中心寄りから始まるか、外側寄りから始まるか、気まぐれ(?)なんですよね…。

…って、こんな説明では意味不明でしょうか?

あ、ちなみに、90番の糸で2周したほうが、60番の糸で1周するよりも丈夫できれいに仕上がる気がします。山崎ミシンの場合。
Commented by ランタ茄子 at 2012-01-24 20:52 x
黒やぎさん、呼んだ?
すごいすごいっ、イベントてんこ盛り〜。少女服の似合う黒やぎさんだもの、やっぱり四の五の言ってないでトライ(&エラー?)するしかないでしょうこれは!それにギャザーも前短冊もバイアスもきれいにできてるじゃないですか。シームポケットなんか完璧!

ボタンホールはもしかして、ぶっつけ本番?えーとね、そのうち消えるマーカーで大文字のI(アイ)書いとくといいですよ。またはボタンホールの形に直線で縫っとく。え、そういう問題じゃない??

ふふ。割烹着・寝巻き風味、洗濯してもダメでした?↑このハンガー、MUJIの洗濯物用ですよね?引っぱると簡単に変形するから、菱形にして、それに干すと縦じわがたくさん出来てずいぶん雰囲気が変わりますよ。

で、リバティはRuby ルビーだと思う。この布にぴっったりで素敵♡
Commented by 黒やぎ at 2012-01-25 00:28 x
kaori0731さん、こんにちは~

山崎号が初めてのミシンなので他はわからないのですが、想像してたより縫い目がざっくり粗いような・・・そうですか、アナログチックなのですね~

一応事前に練習して、針を落とす位置も決めたんですけど、いざ本番縫ってみたらセンターからずれるずれる!
ボタンホール押さえの縦中心を短冊の左右センターに合わせればうまく縫えるはず、と思ったのですが・・・
どこを目印にすればセンターに合わせられるのか、いまだによくわかってません。トホホ。

> 90番の糸で2周した方がきれいに仕上がる
ほうほう、そんな裏技があるのですね~~~(メモメモ)
・・・って、1個のボタンホールを2回縫えと!?
ギャアッ、どうかどうかお許しくだせぇ~~~!
Commented by 黒やぎ at 2012-01-25 00:30 x
ランタ茄子さん、早速ありがとうございます~!

少女服が似合うだなんて・・・ぽっ(照)。
つか、いつかお会いした時に驚いてひっくり返らないように!(笑)

いや~~~今回はまさに「トライしたけどエラーだった」って感じです。
写真じゃうまくぼやけてますが、実物はエライこっちゃ、ですよ。
短冊衿なんて、無理やり重ねたから穴があいちゃって、裏から小さく切った接着芯を当ててあります。
まるで長屋のおばちゃんが膏薬貼ったみたいです(グスン)。
大抵の手作り服は平気で外に着ていく私ですが、さすがにこれはどうだろう・・・
そっか、わざと縦ジワ入れれば感じが変わるかも!やってみます~~~

ボタンホールは特訓したんですよー(ってちと誇張してみた)。
で、チャコで縦線、横線も描いて縫ったんですけどね・・・それでも出来ないとは、もはや黒やぎマジック!?

これはRubyというのですね。
トランテアンとかリバティ屋さんのアーカイブをいくつか見たのですが、わからずじまいだったのです。
さすがランタ茄子さん! ありがとうございます!!
Commented by ひつじ at 2012-01-28 00:33 x
黒やぎさん、少女服派なのですねー!素敵ー!

ギャザ、苦手ですか?
拙ブログにギャザリング記事あったかなぁ…と見直しましたが、
消したかgoo時代の記事だったかで、
該当なく…お力になれずごめんちゃいです。

ギャザ、ミシンで入れます?
私は昔はしろも(白のしつけ糸)で手縫いでしたが、今はもっぱらミシンです。
粗ミシンして上糸をそっと引き、
縫い代部分だけプレスします。
アイロンはエッジを斜めに立てて使うといいです。

ギャザミシンは二本入れると、
ほんかくてきです。

出来上がりを拝見するに、
ギャザ分量が少ないので
配分が却って難しくなってるような気もします。
慣れてくると、好みの分量も分かります。この布なら、付け寸の何倍がいい(好み)…って、
分かってきます。

いろんな生地で、ひな形を作るのも楽しいでふよ~。
老婆心失礼しまひた。。。







Commented by 黒やぎ at 2012-01-28 20:18 x
ひつじさん、こんにちは~

少女服・・・いや~~~顔と年齢を省みず、結構ラブリー好きかもしれません(おリボンとかおリボンとかおリボンとか)。
気をつけようっと(←?)。

ギャザーのコツ、kaori0731さんのところだったかな?、ひつじさんのアドバイスを拝見した記憶が。
んで、それを元に今回「アイロンでプレスする」もやってみたら、ミシンで縫う時がっくんがっくんしたり変につぶれたりしなくなりました・・・というわけで、既に参考にさせていただいてますよー!(多謝♪)

ただ私の場合、それ以前にギャザーを均等に配分する、ってところが甘くて、こんなことに・・・(涙)
先日ソーイング本を読んでたら、私はギャザー寄せてからマチ針打ってたのですが、本では「マチ針打ってからギャザー寄せろ」と。
なるほろー、その方がより均等に配分できるよなあ、と一人納得してました(ひょっとしてこれって常識ですか???)。
まだまだ美ギャザーへの道遥かなり、ですが、精進します!
いろいろ教えてくださってありがとうございます♪(ぺこり)
by kuroyagie | 2012-01-24 19:38 | ソーイング(服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie