Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

白菜の漬物

雑誌に「家庭で作れる白菜漬け」の記事が載っていた。
白菜以外の材料は塩、昆布、とうがらしと、家にあるものばかり。
ちょうど1/4カットの白菜が冷蔵庫にあったので、早速作ってみた(実験実験♪)

縦に裂いて半日ほど干した白菜に重量の3%の塩をふり、
昆布ととうがらしを足して(ついでに柚子も)重石を乗せる。
といっても重石なんてないので、家にあるもので代用。

d0224762_12553749.jpg

湯たんぽ。

陶器製なので元から重量があるうえ、水を入れればさらに重くなる。
しかも縦に乗せられる。
漬物石としては結構いい線いってるんじゃ!?と自画自賛。
唯一の欠点は、昼間白菜を干して夜漬けるので、
一晩湯たんぽが使えず、寒い思いをすることだろうか。

d0224762_12555147.jpg

漬けて5日目。
塩気がこなれ、歯ごたえもちょっと発酵したような匂いも、市販の白菜漬けと遜色ない。
以前、梅干しを漬けたことがあるが、あれと理屈(塩をふって水を上げる)は同じとみた。
仕込んでさえおけば、後は放っておいてもおいしく漬かるところが好感度大である。
年が明けたら野菜の値段が軒並み上がってしまったが、
白菜だけは大玉でも安く買えるので、
市販の白菜漬けよりかなりお得ではないだろうか。

d0224762_12561429.jpg

一応(?)ソーイングブログなので、数年前に作った湯たんぽカバーを載せてみる。
もとはウールのセーターだったのだが、
「ドライクリーニング以外厳禁」という注意書きを無視し
洗濯機でガンガン洗っていたら、見事に縮んで着られなくなってしまった。
色や質感は気に入っていたので、テケトーに切ってテケトーに縫ってみたら、
めでたいことにそれらしいものが出来上がった。
あらかじめ湯たんぽをセットしてから湯を入れられるよう、
真ん中開きのデザインにしたのがポイントである(←得意気)
って、今改めて見ると、ひもの縫いつけ位置がずれてるがな。ワハハ。

d0224762_12563087.jpg

ちなみに、これだけだと保温性が心もとないので、
湯たんぽにおまけでついてきた布袋と、古タオルで作ったマットを内側に入れてある。
・・・・・・しれっとマットなどと書いたが、
本当は2枚縫い合わせて袋状のカバーにするつもりで、これまたテケトーに作り始めたら、
ぴったりサイズすぎて「どこから出し入れするんだ!?」という事実に気がつき、
仕方なく縫い綴じて1枚にした、というだけの話である(柄ゆがんでるし)

d0224762_1383427.jpg

ついでに、セーターの袖部分で作ったアームカバー。
見りゃわかるわ!てなもんだが、ほどよく縮んでフェルト化した生地が暖かく、
腕へのフィット感も申し分ない(何せ元が袖だし)
意外やお役立ちで、毎冬愛用しているのであった(家の中限定ですが)

そんなこんなで、(たまたま)辻褄が合ったブツと合わなかったブツとで湯たんぽをくるみ、
夜な夜な爆睡する私であった。

拍手やコメントありがとうございました。
ポケットはなけなしの根気をかき集めて作りました。・・・燃え尽きました(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ひつじ at 2012-01-16 20:05 x
かわいい湯たんぽですね~!
初めてみました。
ウチなんて、ぷらっちっくですよ(笑)。

カバーも暖かそうですー
シェットランドウールみたい?
とことんつかう。愛情あって素敵です~。

てけとーなほうが、ツボにはまったりしますね。
今日の私、
無料パターンなるものに
手を出したら
帯に短し何とやらで、
撃沈してます。。。。
テケトーに楽しく作ればよかた。。。
Commented by 黒やぎ at 2012-01-17 10:31 x
ひつじさん、こんにちは~

陶器の湯たんぽは熱湯もOKなので、メンドクサガリーノの私にはぴったりかも、と思って買いました。朝までぬっくぬくですよ~♪
寝てる間に蹴っとばして落としちゃわないかな、という点が心配でしたが、ずっしり重いだけあってほとんど動かず。安心してグースカ寝てます(笑)。

テケトーソーイングは出たとこ勝負、やってる本人にも先が読めません(笑)。
たいていは「アタタタ・・・」な結果に終わるのですが、たま~にうまくいくこともあり。その1つがこの湯たんぽカバーです。
テケトーと緻密と、その時々で使い分けて、お気に入りのブツを作る!ってのが、最近の私の目標です♪(テケトーはともかく、緻密はね・・・)
Commented by 鈴タツスイミー at 2012-01-17 11:00 x
白菜のお漬物、美味しそうです♪お漬物、塩麹、三升漬けなどの保存食や、日々のゴハンもとっても美味しそうで、黒やぎさん、ソーイングにお料理に、すごいなぁ。

テケトーソーイングの湯たんぽカバーやアームカバーも、実用的でかわいくって素敵です♪日々のものが、手作りでかわいいと、嬉しくなりますよね^^型紙に頼ってばかりで、どんどん型紙の山が増える私(たぶん、作ってないものの方が多い・・・--;)も、今年はテケトーソーイングにチャレンジしてみようかと思います!
Commented by ランタ茄子 at 2012-01-17 18:54 x
陶器の湯たんぽ、レトロで素敵♡ さすがの審美眼ですね。
しかも漬物石にも早変わりって~(笑)
白菜の漬け物大好きです。子供の頃は祖母が樽で仕込んでくれてましたっけ。なのに私は作ったことないんですよ(汗)市販のはいろいろ要らないものがはいってるし、自分で作れればいいですよね。
湯たんぽカバーも年季が入っててすごく好みです!着古したセーターの濃いピンクにベージュのひも。ぜんぜんスタイリッシュじゃないからこそ、あったか〜い(泣)
Commented by 黒やぎ at 2012-01-18 00:14 x
鈴タツスイミーさん、こんにちは~

いえいえ薄々お気づきでしょうけど、
私が作る保存食は「ドカンと仕込んで放置プレイ」なものばかり。
白菜の漬物もテク要らずなのにおいしく出来るので、おすすめですよ♪

私も最近、作ってない型紙が増殖中・・・(汗)
布と違ってかさばらないので、ついつい買ってしまうんですよね~
テケトーソーイングの時代が長かったので、
型紙と仕様書を見ながら洋服を作るようになって、
「こうやって作ればいいんだ!」って目からウロコが落ちること多数。
できるものなら、あの頃の自分にそっと教えてあげたいです。
といいつつ、今でも時々テケトーの虫が騒ぐんですけどね(笑)。
Commented by 黒やぎ at 2012-01-18 00:16 x
ランタ茄子さん、こんにちは~

湯たんぽを漬物石に使うことを思いついた時は、
「自分で自分を誉めてあげたい!」と思いましたよー(笑)。
私は親戚のおじさんが漬ける白菜の漬物が好きでした。
やっぱり樽で仕込んでたなぁ。
少量で漬ける場合は、漬けて1週間以降、できれば10日~2週間ぐらいが発酵が進んでおいしくいただけます。
ぬか漬けより簡単で手間要らずなので、是非是非作ってみてください!

このセーター、45rpmのものなのです。
そこそこお値段したのに3~4年で着られなくなってしまい(って自分が悪いんだけど)、何とか救済の道を!ってんで、湯たんぽカバーを作ることに。
結果、アームカバーも含めほぼ使い切ることができたので、
自分的にはすごい達成感(笑)。
テケトーさ爆発ですが、結構気に入ってます♪
by kuroyagie | 2012-01-16 13:12 | 食べもの | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie