Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

お茶缶

世の中クリスマスモードなので、黒やぎ御殿もクリスマスデコレーションだ。

d0224762_14545377.jpg

後でしまうのが面倒なので、食べたらなくなるものメイン。
アドベント方式(?)ということで、これから毎日1個ずつ食べていくつもりだが、
アイシングがかかった富士山型のおせんべい(どこがクリスマス?)は、
正月まで引っ張る予定。
・・・・・・しかしショボいな(ぼそ)

さて、上海ではあれこれ突っ込みを入れるのに忙しく、
買い物らしき買い物はほとんどしなかった。
唯一まともに買ったのがこれ。

d0224762_1455889.jpg

フランス人女性がオーナーを務める中国茶のお店「宋芳茶館」のお茶缶。
水色がテーマカラーの店で、インテリアもオリジナルグッズも水色で統一されている。

d0224762_1531789.jpgd0224762_1533276.jpg


















茶葉を入れる缶はすでに持っているが、
きれいな水色にダサ可愛いイラストが気に入ったので購入。
d0224762_14552553.jpg

左からおやつの干しいちじく、ランチで韓国料理を食べた後用のクロレッツガム、
北京で買った烏龍茶の残りを入れて、職場に置いてある。
ちなみに、いちじくとガム(ボトル入り)は現地のスーパーで買ったもの。
ガムは日本で買うと安くても600円くらいするのだが、
わずか10元(約120円)だったため大喜びで購入。
しかし、いざ開けてみたら色も味も微妙に違ってた・・・(写真中、濃い色のが日本バージョン)

d0224762_14554045.jpg

現地のレストランでお茶を1杯頼むと、
ガラスのコップに茶葉を入れ、熱湯を注いだものを持ってきてくれる。
茶葉が沈んだ頃合いを見計らって上澄みを飲む、という方式だが、
これでも十分おいしく飲めるし、何より簡単。
以前は茶こしを使ったりポットで淹れたりしていたが、帰国後は早速マネしている。
あーーー楽ちん楽ちん♪
そのうち日本茶も紅茶も同じ方式で淹れそうな気がして、自分が怖い(笑)。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。シュワッチ!
パジャマ族は何だか他人の気がしませんでした(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by KAORI at 2011-12-12 21:07 x
会社では中国駐在の人が帰国した時などジャスミン茶とか色々お茶をお土産に買ってきてくれます。同じフロアに中国人の社員(日本採用)もいるので茶葉を入れたままお茶を入れるというのを教わって、中国茶はそうやって飲んでます。
ジャスミン茶は開くとお花が浮いてキレイなので耐熱ガラスのカップで飲むといいですね。
Commented by 黒やぎ at 2011-12-13 12:25 x
KAORIさん、こんにちは~

おお、それは中国茶的に楽しい職場環境ですね♪
現地でも茶館でお道具を使って淹れてもらうと結構なお値段しますし、
庶民の皆さんはもっとざっくばらんに飲んでるようです。
コップ方式だと葉っぱがよく開くので、意外と理にかなってる気が。
沈みきらず口に入ってきた茶葉は出すのも面倒なので、
私はそのまま食べてます(笑)。

ジャスミン茶の花茶、キレイですよね!
私も前回何種類か買ったので、「今回はどんなお花かな~♪」と開いていく様を眺めて楽しんでいます。
Commented by 鈴タツスイミー at 2011-12-14 13:48 x
シュワッチ!(←さっそく反応)
黒やぎさん、先日はブログにコメントいただいて、ほんとうにありがとうございました。

中国茶は器に直接茶葉をいれて飲むとよいのですね^^花びらがひろがって、見た目にも楽しくおいしそうです。日本茶や紅茶も、いけるかも・・・しれません。。。

アドベンド方式オーナメント、かわいらしいです♪バランス見ながら食べるの、楽しそうですね!富士山・・・気にナリマス・・・
Commented by 黒やぎ at 2011-12-14 16:27 x
わーっ、鈴タツスイミーさんようこそ~~~シュワッチ!(笑)
ささっ、歓迎のスペシウム光線をどうぞ♪(いらんて)

そういえば、昔卒業旅行から帰ってきたばかりの頃、遊びに来た母親に湯のみに直接淹れた中国茶を出し、「横着しないでちゃんと急須で淹れなさいッ!」と叱られたことを思い出しました・・・(遠い目)
ウン十年の時を経て、また同じことやってる私です。
日本茶でもやってみたのですが(やったんかい)、葉の沈み方が今ひとつで飲みにくいかも・・・紅茶でもやってみます(もういいから)。

富士山せんべいは新年明けてから全貌が明らかになる予定です(大げさ)。
待て新年号!(笑)
by kuroyagie | 2011-12-12 15:17 | | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie