Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

体操ワールドカップ東京大会

またまた体操の話題です。
よろしければおつきあいください。


d0224762_10133359.jpg

先週末、体操のワールドカップが人知れずひっそりと(笑)開催された。
会場はなぜか両国国技館。
そして私のチケットは「1階升席正面」。
国技館といえばテレビの相撲中継しか頭になく、
思わず「升席の中で座布団に座り、
かぶりつきで観戦している図」を想像してしまったが、
行ってみたら本当に升席で、ただし椅子に座って観戦するスタイルだった。
ま、そうだよねー(ちょっと残念)

d0224762_1014842.jpg


しかし四方の壁には歴代優勝力士の巨大な写真額、
二階席前面には取組み表、さらに天井からは吊り屋根が。
その下を小柄な選手達が走り抜けてはクルクル宙返り、という光景は、
ほかの会場では絶対見られないだろう。

d0224762_10143499.jpg


ちなみに、国技館は地下の工場で作る焼き鳥が名物だそうで、
「せっかくだから食べちゃおっかな~」と楽しみにしていたのだが、
当日は売店という売店はすべて閉まっており、
自販機以外すがすがしいほど何もなかった。
どうでもいいけど、トイレが最新設備で妙に感心。

ワールドカップといっても、各国で開催される4つのシリーズ戦の1つ。
出場選手は男女各8名、必ずしも上位選手が出るわけではなく、
こじんまりかつ地味~な大会である。
とはいえ、男子は内村航平選手をはじめ、
10月の世界選手権で個人総合2位に入った
フィリップ・ボイ選手(笑うと白い歯がキラリン☆と光る、少女漫画に出てきそうなイケメン)や、
同4位のダニエル・パービス選手(色白さん♪)など、結構な豪華メンバーだった。
小規模な大会だけに、一人ひとりの演技を間近でじっくり見られ、
こういうのも楽しいものである。

内村選手は世界選手権が終わっても試合続きで、相当疲れているはずだが、
実施の美しさはスローで見ても変わらない。
彼の演技は緩急が巧みで、つり輪などは静と動の対比が際立ち、
まるで歌舞伎役者が見得を切っているよう。よっ、日本一!
もう一人の日本人、野々村笙吾選手は18歳。
まだ荒削りな感じだが、つり輪の実施のすばらしさには驚嘆。
いや~~~いい選手が出てきたなぁ(嬉)

体操は今年はこれでほぼ見納めだが、フィギュアスケートはこれからが後半戦。
浅田選手が復調し、心配しながらではなく、
楽しみながらプログラムを見られるようになったことは、
スケートファンとして嬉しい限り。
内村選手もそうだけど、
才能に恵まれた選手がその才能を存分に発揮するのを見ると、
本当にワクワクさせられる。

さて、明日からちょっくら上海に行ってきます。
蟹だ小籠包だ紅焼肉だ~~~ブヒッ♪(ほどほどにね)

拍手やコメント、いつもありがとうございます(ぺこり)。
金槌・・・前向きに検討します(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ひつじ at 2011-12-06 23:39 x
こちらで体操の記事を読むと、
書きたいとしつつ未完
(って程じゃないですが)の
こぐまネタを思い出します〜。
この夏TVで体操を見て、
後日体育の時間に
高鉄棒に飛びつきふわーと逆あがり。
TVで見たらできそうだったから。
だそうです。
しみじみ感じた言葉がありまして、いつか黒やぎさんに
お伝えしたいなぁと。
はよ書きたい〜。
黒やぎさんにも、いつかお会いしたいです〜。
Commented by 黒やぎ at 2011-12-07 13:10 x
ひつじさん、こんにちは♪
体調少し回復されましたか? お大事になさってくださいね。

ええっ、体操見て高鉄棒で逆上がり!? すごいなぁ・・・
こぐま君って、イメージする力が豊かなだけでなく、
それを実際の動きにつなげるというか、
体に落とし込むことがすんなりできるんですね。
内村選手のような優れたアスリートも同じことをやっている気がします。
きっとこぐま君も内村選手も、頭と体がどちらも柔らかくって、
無理なくつながってるんだろうなぁ・・・

ひつじさんの感じた言葉、拝見するのを楽しみにしてますよ~
あ、でもお手々はいたわってあげてくださいね!
私もいつかお会いできたら嬉しいです。
「黒やぎ×ひつじ」って、何だかモコモコ暖かそうじゃないですか?(笑)
そして、あわよくばこぐま君をハグしたいです(笑)。
by kuroyagie | 2011-12-01 10:28 | 御宅 | Comments(2)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie