Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

おリボンのブラウス

ソーイングをするようになって、改めて自分の好みを思い知ることがある。
その1つが「おリボン」。
後ろリボンに前リボン、裾のリボンに袖のリボン、細いリボンにぶっといリボンなどなど、
リボンのついたデザインを見るとつい反応してしまう。

昨年あたりからボウブラウスが流行っているらしく、お店でもよく見かける。
買ってもいいけど、まず作ってみるのはソーイング愛好者の義務である(そうなの?)
理想は衿元が詰まったタイプだが、
そうすると前開きでボタンホール必至となり、私にはハードルが高い。
かぶりタイプで探していたら、よさげなのがあったので作ることにした。
で、どうせなら王道カラーで作ったるわ!というわけで、布は清楚な(←ここ重要)白にした。

d0224762_16275591.jpg

<注> シワシワに見えるけど、そういう布ですから!

パターン: パターンが決めての服作り リボン結びのセットインスリーブブラウス
布: conoca グランジウォッシュ 天日干しコンパクトヤーン ミルキーホワイト

にわか知識によれば、コンパクトヤーンというのは毛羽を抑えて紡いだ糸のことらしい。
グランジウォッシュは・・・・・・えーと、grunge(=「汚れた」「薄汚い」) wash???
正確なところはわからないが、要するに
「毛羽の少ない糸で織った布を、洗いにかけてシワ加工を施した後、
お天道様の下で干しました」みたいな感じだろうか。
ちなみに、shopの説明は「特殊な紡績機からしかできない高級80番手綿糸を使用し、
特にきめの細かい高密度平織り生地です」とある。

どんな布やねん、と興味を覚えて買ってみたが、
C&Sの海のシリーズと似ていて、言われなければブロードだと思うかも(つかブロードかも)
ただし「海の~」に比べるとやや光沢があり、もっと「洗いにかけました」感が強い。
真っ白じゃないけど生成りでもなく、微妙な乳白色という色合いも、
細かく入ったシワの感じも、かなり気に入った。
サンプルで送ってもらった同じシリーズのノーチェ(紫)がまたいい感じで、
特に何を作るアタマもないけれど、買っちゃおうかなぁ。

d0224762_16293610.jpg

高密度平織りというだけあって布端のほつれもなく、扱いやすい布ではあるのだが、
「海の~」と同じく、ミシンで縫うのは結構骨が折れる。
密度が高すぎてミシン針の布通りが悪く、
縫うたびに「プツプツプツ・・・・・・」と音を立てるので、
「針が折れるんじゃなかろうか」と気が気じゃなかった。
実際、2本折れたし(ひぃい~)
特に、前後見返し(とリボン)の布端は5ミリ幅の三つ折を縫うので、
毎回縫い始めは「縫い目曲がったー!」とか「布落ちたー!」とか、大騒ぎだった。

私はてっきりミシン針というのは折れるまで使うもんだと思っていたが、
いろいろ調べてみたところ、縫っているうちに針先が鈍ってくるので、
それなりに交換した方がいいらしい。
そ、そうだったのか・・・・・・(どんだけ使いまわしてきたことか)
幸か不幸か2本折れて残り少なくなったため、ユザワヤで新しい針を購入。
布通りはそれほど劇的に変わったとは思わないが、
プツプツと不気味な音を立てることはなくなり、安心して縫えるように。
どうやら、エコもいい加減にしといた方がいいらしい。
教訓: なまくらな 包丁とミシン針は 怪我のもと (字余り)

おリボンは長めが好みなので、パターンより10cmくらい長くした。
結構ラブリーなデザインだと思うが(白だし)
シワ加工のお陰でそこそこカジュアルになったかも。
リボンを小さめに結べば、ジャケットはおって仕事用にも着られそう。
なんたって、洗濯してもアイロンいらずなところがすばらしい!(そこか)
しばらく小物ばかり作っていたが、洋服作るとやっぱり達成感があるな~

さて、体操と入れ替わるようにフィギュアスケートのGPシリーズが開幕した。
アメリカ大会に出場した小塚選手は、毎回衣装が微妙なことで有名だが(違)
今期のSPでも、スーパー戦隊(●▲レッドとか)を連想させる真っ赤なパンツで登場。
・・・・・・うーーーむ。
ま、小塚選手はあれでいいとして(いいのか)
NHK杯が初戦となる真央ちゃんは、一体どんな衣装で出てくるだろうか。
非常に気になるところである(ちょっと楽しみだったりして♪)

前回の記事への拍手&コメントありがとうございました!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ランタ茄子 at 2011-10-25 23:27 x
どっかで見たことあるなーと思ったら、香田あおいさんの本からでしたか。
これは見返しを表に出してみたら、という応用編のデザインでしたっけ?こうしてブロードで作るとまた雰囲気が変わりますねー。たぶん石田ゆりこ似の黒やぎさんに清楚な白は似合いそう♪
ではひとつ、少女服ずきの黒やぎさんに悪魔のささやきを。袖口にひかえめギャザー+細いカフスつけるともっと少女っぽくなるよ…。笑
Commented by kaori0731 at 2011-10-26 02:32 x
リボン、私も嫌いじゃないんですけどね、
ほら、食事時に気をつけないといけないじゃないですか…
ややもするとお皿の中に入ってしまいそうで…
…というわけのわからない理由で敬遠してしまっています。
今日もスパゲッティーのソースを服につけましたし。。。

ミシン針、待ち針にかすったりすると、けっこうすぐに先がこじれてしまいます。
以前、針先がこじれているのに気付かずにリバティを縫いまして、こじれた針先が織り糸をひっかけて、とんでもないことになってしまった(柄が乱れ、針穴には謎のループあり)ことがあります。
それ以来、針はかなり頻繁に換えています。
Commented by 黒やぎ at 2011-10-26 09:54 x
ランタ茄子さん、こんにちは~

そうそう、前後見返しを表に出して、
表見返しをそのままビョ~~ンと伸ばして、ってやつです。
リボンもさることながら、見返しのデザインが面白いなあと思って、
作ってみました。

たぶん石田ゆりこ似・・・誰がやねん!(笑)
いやでも、ランタ茄子さんの美しい幻想を壊すに忍びないので、
そういうことにしておこうそうしよう♪(現代の末摘花という噂も)
カフス、まだ付けたことありませぬ~~~
でも控えめギャザーってよさげですねぇ。精進します。
Commented by 黒やぎ at 2011-10-26 09:56 x
kaori0731さん、こんにちは~

長~いリボンにすると、かえってラーメン丼とかにも入りにくくて、
具合がいいですよー(笑)。
kaori0731さんにリボン、すごくお似合いだと思います。
スパゲティのソースは痛いですね・・・油分たっぷりな分、落ちにくいですし。
私はトップスはそうでもないのですが、
時々パンツの太もも部分におかず(ドレッシングまみれのレタスとか)を
落っことして、悲鳴をあげています(子どもか)。

マチ針とガチンコ、よくやります!
なるほど、布を傷めてしまうこともあるのですね。
今回も古い針で縫ってた分は、縫い目をほどくと「穴!?」というぐらい跡が目立ってました。
これから気をつけようっと。
by kuroyagie | 2011-10-25 16:39 | ソーイング(服) | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie