Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

衝動買い

d0224762_12231259.jpg

残業続きでヤサぐれかけた心を静めるため、ショッピングに繰り出した(←危険)。
北欧風の生活雑貨を売っているお店で、すきま掃除用のブラシを発見。
木の持ち手が気に入ったし、ブラシの形状もどことなくユーモラスで可愛い。
しかし、すきま掃除ならソーイング用の50cm定規にボロ布を巻いたもので事足りる。
自分の中で「買っちゃいなよ~」という声と「やめときなよ~」という声がせめぎ合い、
ブラシを手に立ち尽くしていると、店員さんが寄ってきてこう言った。

「そのブラシ、黒やぎの毛でできてるんですよー」

・・・・・・おお、同志!(違)
速攻で購入を決めたことはいうまでもない。

動物つながり(?)ということで、ひつじの毛(つまりウール)でできたハタキ。
d0224762_12232416.jpg

柄の部分を両手ではさんでクルクルッと回すと静電気を帯び、
使用後またクルクルッと回すとくっついた埃が落ちる、という優れもの。
買った時はフワフワのフッサフサだったが、
一度石けんで洗ったら蛇女ゴーゴンみたいになってしまった(ボサボサ~)。

もういっちょお掃除道具。
d0224762_1223503.jpg

マキタのコードレスクリーナー(写真出すほどのものじゃありませんが・・・笑)。
吸引力は普通の掃除機に遠く及ばないが、
思い立ったらすぐ掃除できる気軽さは購入前の予想をはるかに上回った。
料理は苦にならないけど掃除はやらずに済むなら一生やりたくないタイプなので、
こういう敷居を低くしてくれる道具はありがたい。
特にソーイングを始めてからは、床に落ちた糸くずや布ゴミを掃除するのに大活躍。
これがなかったら、平日の夜とかちょっとした空き時間を利用して
裁断したりミシンかけたりという気にはならなかっただろう。
そういう意味では、私にとって必須のソーイング道具の1つといってよい。

荒んだハートがちょいと慰められたところで、明日は東海方面に出稼ぎだ。とほ。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
Commented by ランタ茄子 at 2011-09-30 20:52 x
黒やぎさん、こんにちは!

>黒やぎの毛でできてるんですよー

ヒャーッハハハブハハハ……endless……
運命ってあるよね!
それにしても黒やぎ御殿にぴったりの洒落たブラシですね!
ぱっと見て、傘?と。
羊の毛のはむかーしウイリアムズソノマで見たことあります!世はバブルの頃で、結構なお値段してましたよ。と、おばちゃん視点で失敬(苦笑)
えーーーっ、石けんで洗ったってそりゃまたなぜに?!
ウールを石けんでゴシゴシするとできるのって何でしたっけ??
黒やぎさん、賢いようで妙なとこで抜けてて面白い~~❤
6:4ってのもありましたよね(笑)
↑と、人のことを笑っていられるのか、自分。

(答え:フェルト)
Commented by KAORI at 2011-09-30 22:39 x
黒やぎブラシ売っている北欧雑貨のお店ってどこですか~?!
私も黒やぎブラシほしいです(笑) それにしても「黒やぎの毛」のブラシってそうそうないんじゃないでしょうか?
出会いですね!
Commented by 黒やぎ at 2011-09-30 23:17 x
ランタ茄子さん、こんにちは♪

思わず「ええっ、黒やぎの毛!?」って大声で聞き返しちゃいましたよー。
何でそんなに反応するのか、店員さんもさぞ不思議だったことでしょう。
そうそう、ちょうど傘ぐらいの大きさなんですよ。
んで、冷蔵庫の下とか棚の裏とか、
これでスリスリすると、でっかいホコリが次々と(笑)。

え、だってウールのセーター洗うのと同じかなと思って~~~
そういえば縮んだセーターがあったっけ・・・(おい)
そっかー、せっせとフェルト作ってたのか私(感心するな)。

6:4・・・・・・ああっ!(思い出したらしい)
せっかく穴掘って埋めといたのに!(笑)
国旗の勘違いもあったし、国語算数理科社会と全方向抜けてます。
そこがお茶目とよく言われます、ウフッ♪(違)
Commented by 黒やぎ at 2011-09-30 23:31 x
KAORIさん、こんにちは♪

銀座松屋7階の、「BOSE(オーディオ)」と「デザインコレクション」の間にあるお店です。
今フロアガイド見たら「イベントスペース」となっていたので、
期間限定のお店なのかもです。
他にもいろいろなブラシがあって、見てるだけでも楽しいですよ。

もうね~、「黒やぎの毛」って言われた時は耳を疑いました。
・・・ドッペルゲンガー!?(違)
ドイツ製だそうで、黒い森からはるばるやってきたのかと思うと、
愛着もひとしおです。
黒やぎが黒やぎの毛で黒やぎ御殿を清めるの図(笑)。
by kuroyagie | 2011-09-30 12:29 | 雑貨 | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie