Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

夏服増産計画その1

「ナチュリラ」&「ソーイングナチュリラ」の向こうを張ったと思われる
雑誌「大人で可愛いナチュラル服」のソーイング本シリーズは、
モデルやスタイリングなどから察するに、20代あたりが読者対象っぽい。
だとすると私なんぞは端からお呼びじゃないのだが、
対象年齢が若いだけあって内容は初心者向けだし、
Quoi? Quoi?デザインのパターンが載っているので、
新刊が出たらチェックして毎号何かしら作っている(アッパッパーとか)。
第3号の今回は、幅広ゴムでギャザーを寄せるデザインが気に入って、
ワンピースを作ることにした。

d0224762_11235390.jpg

布: C&S やさしいリネン ライトブルー
パターン: 
   「リバティプリントがいっぱい!ワンピースとチュニック―ボタンホール、ファスナーなし。
   簡単に作れて毎日着られるアイテムばかり(←長っ!)」のギャザーネックワンピース

かぶりタイプのワンピースは何枚か作ったことがあるので、
軽~い気もちで取りかかったらば、衿元にギャザーを寄せるところで暗礁に。
あらかじめ衿元に幅広ゴムを縫いとめておき、
そのゴムをくるむように衿ぐり布を縫っていくのだが、
ゴムに引っぱられてクシュクシュになった布を、
どうやって身頃にズレないよう縫いつければいいんだか。
本にはさらっと「ゴムを伸ばしながら身頃に縫いつける」とあるが、
それじゃわかんないっちゅーの! こちとら初心者だぞ!!(大いばり)

結局、目印となるようまち針を細かく打ったうえ、
左手で布を開き右手でゴムを伸ばしながら、そろりそろりと手探りで縫うことに。
最後あと3センチというところで、衿ぐり布の方が余り気味なことに気づきあせったが、
そこは根性で辻褄を合わせ、何とか縫い切った。

うわーい、縫えた縫えた、ギャザーが縫えた!
(ここ「アルプスの少女ハイジ」風に)

大騒ぎした割には、なんと衿ぐり布の上下どちらも一度で縫えてしまった。
いやー、奇跡だ快挙だお手柄だ!
本当は一箇所縫い目がつれてしまったところがあるのだが、
ギャザーのどさくさに紛れてわかりゃしないので、気にしないことにした(気にしなさい)。
d0224762_1124136.jpg


その後、袖まわりの折伏せ縫いでドヅボにはまったり、
何を思ったか袖口を表側に折り返して縫ってしまったり、
距離でいえば1.5着分くらいはゆうに縫ったあげく、ようやく完成。
それでも出来上がってみると、やっぱりギャザーのところが一番気に入った。

ちなみに、オリジナルはウエストにぐるりとベルト布を縫いつけてひもを通し、
ブラウジングさせるデザインだが、ない方が好みだったので省略。
割と細みのシルエットなせいか、ストンと着てもそれほどカジュアルな感じはしない。
今回初めて縫った「やさしいリネン」が控えめな光沢のある品のよい布だったので、
そのお陰もあるのかも。
度重なる縫い直しにもけなげに耐え、文字通り初心者にも「やさしい」リネンだった。

週末でさくっと縫うはずがやたら手間取り、1着目から押せ押せになってしまったが、
夏服増産計画その2は寝巻に着手する予定。
待て次号!(はよ作れ)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
Commented by KAORI at 2011-07-08 22:29 x
作るペース早いですね。
裁断とかもご自宅でやってらっしゃいますよね?
すげー!
私はいつか作業台、ミシン・ロック、アイロン台(NAOMOTOの)部屋のある家に住んで色々作りたいな~と思ってます。
Commented by kaori0731 at 2011-07-09 00:50 x
「ゴムを伸ばしながら縫いつける」ですか。
難しいですよね。あんまり引っ張ると針が折れそうだし(!)。
左手で数センチ分だけ伸ばしておいて、その分だけ縫って、また数センチ伸ばして…という方法で縫っていますが、はたして正解かどうか。

「やさしいリネン」、何着か作りましたが洋服には向いているなぁーと思いました。白でもそれほど透けないですし。。。
Commented by 黒やぎ at 2011-07-09 18:58 x
KAORIさん、こんにちは♪
いやいや、作るペースめちゃくちゃ遅いですよー!
裁断もまずは床をクイックルワイパーで拭いて、布を広げてパターン置いて、って調子なので、大変時間がかかりますです。
ソーイング部屋、いいですねえ。私もあこがれます。
ミシン出しっぱ・・・なんて甘美な響き(笑)。
で、NAOMOTOとは!?  ぴゅーーーーーっ(←見に行った)
なるほどなるほど、そういうメーカーがあるんですねえ(メモメモ)。
あ、梅酢ドレッシング作りましたよ~~~いいですね、これ!
Commented by 黒やぎ at 2011-07-09 19:12 x
kaori0731さん、こんにちは♪
そうなんです、一応縫えたものの、どうも釈然としないというか。
「いいの? これでいいの??」と問いかけても答えはなく(あったら怖いけど)。
縫うときのコツとかポイントとか、きっとあると思うんですけどねえ。
やさしいリネン、私は手触りが気に入りました。
柔らかくて、ちょっとヌメッとしてて。
品よく見える気がします(服が)。
Commented by ランタ茄子 at 2011-07-10 21:14 x
黒やぎさん、こんにちは〜。
立った、立った、クララが立った!ヨーロヨーロヨッフッフー♪
なのに私、いまいちよくわかってません(苦笑)どういうこと?
(1)ゴム自体を伸ばしてゴムの上を縫っていくの??
(2)本体に縫い付けておいてから、衿ぐり布をかぶせて縫い閉じるってこと?

(2)だったら、少し縫っては既に縫いおわったところに布の
くしゅくしゅを溜めて、縫うところは平らになるようにすると
縫い易いかもかも?

ソーイング本の仕様や部分縫い解説が簡素すぎてつまずくのって
本を作ってる人たちはわかりすぎてて、わからない人の「ここがわからない」というポイントがわからないとか?(笑)
基礎本もいろいろ買ってみたけど、mplの仕様書を超えるものはないような…。

パンツやワンピについてる縫い目利用のシームポケットも、わかったようなわからないような…で数年、mさんの服で出てきて初めて完全に「理解」できました(遅い)
黒やぎさんもmpl作ってみません?
ソーイング本1冊買うよりずっとスキルアップできると思う…たぶん(笑)
いや〜ん、おせっかいバ○ァで許して!!!
Commented by 黒やぎ at 2011-07-11 10:39 x
ランタ茄子さん、こんにちは♪

えーと、正解は(2)です。たぶん(たぶんて)。
ゴムの左右両端を本体に縫いとめておいて、衿ぐり布をかぶせ、ゴムを縫い込まないようにしながら縫っていく、です。たぶん(だからたぶんて)。
いや、それともゴム自体も縫うのかちら?(聞かれても)
国語読解力の問題なのか、想像力が欠如してるのか、その辺りがどうもよくわからず、きっと(2)に違いないということで縫っちゃいました。
あらかじめ本体&衿ぐり布に細かく合印を入れておけば、少なくともズレる心配をしなくて済むよなあ、と後から思った次第です。

mplってMパターン研究所のことですよね?
ユザワヤとかで見かけますが、仕様書そんなに親切なんですか~
今度よく見てみますね。
いつも情報くださって感謝感謝です♪
Commented by ランタ茄子 at 2011-07-11 13:36 x
あ、ユザワヤにあるのは、mパターンxサンプランニングで、mパターン研究所のサイトで販売しているものとは別です。手芸店のは自分でカット&仕様書はちょっと見づらいけど、本家販売パターンはカット済み(紙質も違う)、仕様書は見やすいし冊子、サイズ展開は15段階(よりフィットが望める)、もしわからなくなったらメールで質問すると教えてもらえる、という差があります。最初はだんぜん本家サイトパターンがおすすめ!

http://www.m-pattern.com/news.html

(2)に似た(同じ?)仕上がりのものを、mさんので作ったときは、衿ぐりを縫ってからゴムを通して、片方を縫い止め、試着してゴムの長さを決め、もう一方も縫い止める、というやりかたでした。とにかくいろんな手法が合理的。家庭科で習ったような、部外者のやる気を削ぐ、排他的な洋裁の世界に殴り込みって感じで好きです。いちどお試しあれ〜。
Commented by 黒やぎ at 2011-07-11 20:40 x
mplはサイトで販売しているのがおすすめなんですね。
なになに、パターンはカット済みで、サイズ展開は15段階ですと!
すごーい、これでもか!というような親切設定ですねえ。
冊子の仕様書というのも惹かれます。見てみますね~!

・・・で。ゴム問題ですが。
そっかーーー、衿ぐり縫ってからゴムを通せばいいのかーーー! 
ボタボタボタッ(←目からウロコが雪崩れ落ちた)
確かにその方法ならずっとキレイに、かつストレスなく縫えますよねえ。
やだーランタ茄子さん、どうして作る前に教えてくれなかったんですかーーー(無茶言うな)
いやあ、いいこと教えていただきました。ありがとうございます!
by kuroyagie | 2011-07-08 11:24 | ソーイング(服) | Comments(8)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie